福田 清美 ( テノール )


福田清美
弘前大学教育学部音楽科卒業。 1984年パリ・エコール・ノルマル音楽院を首席で修了。最高演奏家資格を取得。 フランス声楽名誉教授連盟国際音楽コンクール第一位。他多数の国際コンクールに入賞。パリ市主催の公開講座で故ジェラール・スゼー氏から「芸術の芸術」と賞賛された。1988年、文部省派遣研究員(派遣地パリ)。1992年藤堂音楽賞を受賞。 2000年、パリにて、D.Lemoine女史と歌曲共同研究、CD[Mélodies Françaises]をリリース。2008年度、青山音楽賞(バロックザール賞)を受賞。「デュパルク・男声全歌曲」リサイタル。10年にわたり、関西二期会「フランス歌曲の流れ」をプロデュース。 2011年から、関西二期会シリーズ「フランスの声」公演監督。 2013年、没後50年「プーランクの歌曲」リサイタル。東京日仏声楽コンクール審査員。 奈良教育大学大学院教授。京都市立芸術大学、相愛音楽大学 各非常勤講師。
Get Adobe Flash player