安田 香 ( 音楽学 )


安田香
東京藝術大学音楽学部楽理科卒業。これまでに、滋賀大学、岐阜聖徳学園大学(以上専任)、華頂女子高等学校、奈良教育大学、京都女子大学、大阪芸術大学(以上非常勤)等に勤務。19世紀末〜20世紀初頭の独仏音楽を研究。[主要論文]「1889年パリ万国博覧会におけるジャワの舞踊と音楽について」「ドビュッシーとジャワのガムラン」「ドビュッシーにおける異国主義・象徴主義」「A.ベルクの特性を初期歌曲に探る」「ベルクの徒弟(シェーンベルク門下)時代の歌曲について」「ベルクの「風はあたたかく」(Op.2終曲)についての試論 –歌曲「僕の両目をふさいでおくれ」第1曲との秘められた関係-」「ベルクの《アルテンベルク歌曲集》における試み」。[訳書]ドメル-ディエニ著「演奏家のための和声分析と演奏解釈 シューベルト/リスト」、「同 続バッハ」。日本音楽表現学会、日本音楽学会、関西楽理研究会会員。
Get Adobe Flash player