山田 兼士 ( フランス文学 )


山田兼士
岐阜県大垣市出身。大阪芸術大学教授。詩評論家、フランス文学者、詩人。詩集『微光と煙』『家族の昭和』『羽曳野』評論『ボードレールの詩学』『抒情の宿命・詩の行方』『小野十三郎論』『谷川俊太郎の詩学』『百年のフランス詩』『高階杞一論 詩の未来へ』『萩原朔太郎《宿命》論』等、翻訳『ドビュッシー・ソング・ブック 対訳歌曲詩集』等。季刊「びーぐるー詩の海へ」編集同人。『別冊・詩の発見』主宰。
Get Adobe Flash player