月別アーカイブ: 2019年5月

京都フランス歌曲協会 夏のコンサート

L’offrande lyrique  歌の捧げもの

〜デユパルクとクラース〜

日時:2019年7月6日(土)18:00開演 (17:30開場)

会場:京都文化博物館 別館ホール

入場料:一般3,000円、前売り2,700円、学生・クラブフランス会員2,500円 インターネット割安チケットあり(一般2,700円、学生・クラブフランス会員2,000円)

19.7.6

アンリ・デュパルク (1848-1933) といえばフランス歌曲の大御所。フランス歌曲の愛好者でデュパルクの名を知らぬ人はありませんが、自己に厳しい完全主義者だったこと、強迫神経症を病んだことから、その作品の数はごく限られています。そのデュパルクの唯一の弟子がジャン・クラース (1879-1932) 。クラースは海軍軍人を本職としながら、デュパルクに学びつつ作曲を続けました。晩年のデュパルクは病のため自宅にこもりがちで、楽壇からは身を退いていましたが、クラースを「魂の息子」と呼んで惜しみなく助言を与えました。一方、クラースは、軍務に精励するかたわら、駆逐艦や戦艦の船室で作曲の筆を執り、歌劇や管弦楽曲を含む充実した作品群を残しました。両者の間に四半世紀にわたって交わされた書簡は、クラースはもちろん、デュパルクを理解するうえでも貴重な資料となっています。そこで今回のコンサートでは、この二人の作品を併せて取り上げます。ボードレールの詩で歌曲《旅への誘い》を書き、海の彼方に《前世》を幻視したデュパルク、自ら船乗りとなって海に乗り出し、オマル・ハイヤームやタゴールの詩に曲をつけたクラース。音楽への愛によって結ばれながらも対照的な道を歩んだ、この「魂の父子」の作品をお聴きください。

 

カテゴリー: コンサートのお知らせ | コメントする