2017年 京都フランス歌曲協会

明けましておめでとうございます

旧年中の皆様方のご支援に感謝申し上げます。

お陰様でどの催しも盛況のうちに終えることができました。

今年2017年は昨年に続きまして当協会設立25周年記念コンサート『フォーレとその周辺』シリーズの後半V〜IIIVを催します。

フォーレの歌曲や器楽曲、アンサンブル、コーラス等の名曲をふんだんに盛り込んだプログラムやフォーレと他の様々な作曲家とを対比して、フォーレの特色をより鮮明に浮き彫りにするコンサートを引き続き開催いたします。またフォーレシリーズ最終回の12月のコンサートでは、今まで演奏しなかったフォーレの宗教曲に取り組みます。厳かな中にも軽やかなフォーレの美しい宗教曲でこのシリーズの幕を閉じることにします。今年も皆様のご来場を心からお待ちいたしております。

今年のあらかたの企画は下記のようになっております。詳細は準備が整い次第、コンサート欄に随時掲載いたしますので是非ご覧ください。

京都フランス歌曲協会設立25周年記念『フォーレとその周辺』

スキャン第5回フォーレとケクラン 〜マチルド、メリザンド、リリアン〜
日時:2017年5月20日(土)18時開演
会場:京都文化博物館別館ホール
このコンサートではフォーレの弟子であり助手でもあった作曲家シャッルル・ケクランにスポットを当てます。美しい3人の女性マチルド、メリザンド、リリアンをテーマにしたフォーレとケクランそれぞれの作品をお聴きいただきます。

第6回 〜フォーレと弟子たち〜
日時:2017年7月22日(土)18時開演
会場:京都文化博物館別館ホール
フォーレの弟子たち、エネスコ、シュミット、オベール、ブーランジェといった個性豊かな作曲家の作品をフォーレの曲と並べて演奏します。バラエティに富んだコンサートになりそうです。

第7回レクチャーコンサート
『フォーレの歌曲ー有節ロマンスから独自の境地へ』
日時:2017年10月 未定
会場:アンスティチュ・フランセ関西=京都 稲畑ホール
レクチャーによる説明を交えて、時代を追ってフォーレの歌曲の全体を見て行きます。フォーレ歌曲の演奏を聴きながらのその変遷をお楽しみいただきます。

第8回フォーレと宗教曲(仮名)
日時:2017年12月9日(土)18時開演(予定)
会場:京都文化博物館別館ホール
「フォーレとその周辺」最終回はフォーレの宗教曲を取り上げます。数々の美しい宗教曲をオルガンとともに演奏します。ホール全体が厳かで和やかな教会の雰囲気になるよう構想を練っております。

 

次回オーデションのお知らせ

次回オーディションは2017年3月26日に行います。入会をご希望の方は是非応募してください。申し込み方法、詳細は会員になるにはをご覧ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする | 編集

美山 節子

美山 節子 の紹介

京都市立音楽短期大学(現、京都市立芸術大学音楽学部)卒業。同専攻科修了。私学福祉給費生としてパリに留学。リサイタルや演奏会において主にフランス歌曲を中心に演奏活動を行う。また宗教曲のソリストとしても活躍。CDブック『歌うボードレール』(同朋舎)、訳書『フランス歌曲の珠玉』(春秋社)、『初めての発声法』(音楽の友社)、他に『歌い手のためのフランス歌曲発音法』等刊行。2013年3月まで大阪芸術大学演奏学科、同大学院教授(声楽)、主にフランス歌曲の指導にあたる。日本フォーレ協会、日本演奏家連盟各会員。当協会代表として企画運営にあたる。
カテゴリー: ニュース パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です