月別アーカイブ: 2018年4月

京都フランス歌曲協会 青山音楽財団助成公演コンサート

影と沈黙と・・・ D’ombre et de silence

~ルーセル、オネゲル、デュティユー〜

日時:2018年7月7日(土)17時開演(開場16時30分)会場青山音楽記念館 バロックザール 入場料:一般3,000円、前売り2,700円、学生・クラブフランス会員2,500円 インターネット割安チケットあり(一般2,700円、学生・クラブフランス会員2,000円)

スキャン 2

次回夏のコンサートでは、ルーセル、オネゲル、デュティユーの作品をセットで扱うことで、20世紀フランス音楽の流れのひとつをたどります。

デュティユーは現代のフランスを代表する大作曲家ですが、その音楽史的な位置づけはなかなか難しいとされています。また、デュティユーは主に器楽曲の作曲家として知られており、歌曲が取り上げられる機会はあまりありません。けれど、デュティユーはルーセルやオネゲルの影響下に出発した作曲家であります。そこでこれら三者の作品を組み合わせることで、デュティユーの音楽史的な位置づけ――新古典主義とのつながり――も見えてくると思われます。また、精緻ながらいくぶん渋いデュティユーの声楽曲は、プーランクやメシアンよりも、むしろルーセルやオネゲルと並べることで、その特色と魅力が明らかになるでしょう。本コンサートでは、この三人の作曲家の歌曲を取り上げるとともに、この三人の共通項としてフルートのための作品を取り上げ、デュティユーのピアノ曲をオネゲルのピアノ曲の延長線上に位置づけます。コンサートのタイトルである「影と沈黙と…」は、デュティユーのピアノ独奏曲のタイトルでもあります。

今回は当協会ならではの少し凝ったプログラムとなりました。他ではあまり聴く機会の少ない三人の作曲家の名曲をお楽しみいただければ幸いです。ぜひ会場にお運びくださいませ。ご来場の際には今回のコンサートは会場がバロックザールになります。また開演も17時となりますのでお間違えのないようにお願い致します。

インターネットチケット申し込みは終了しました。

 

 

カテゴリー: コンサートのお知らせ | コメントする