2018 京都フランス歌曲協会

新年あけましておめでとうございます

旧年中は皆様方のご支援に支えられ無事5回のコンサートを盛況のうちに終えることができました。厚く感謝申し上げます。さて、昨年をもちまして当協会設立25周年記念コンサート<フォーレとその周辺 全8回>を終了しましたので、今年からはまた改めてフランス音楽・歌曲の真髄に迫るプログラムを企画して皆様におとどけする所存です。今年度のあらかたの企画を以下に記します。尚、会場の都合で仮押さえの状態になっているところは予定になっております。決定しましたら随時HPでお知らせしますのでご了承ください。今年も皆様方のお越しを心からお待ちいたしております。

コンサート:フランス歌曲の珠玉〜愛の喜び 〜plaisir d’amour〜

日時:2018年4月7日(土) 18時開演

会場:京都文化博物館別館ホール

しばらくフォーレに関するコンサートが続きましたので、年度明けはバラエティに富んで、明るく楽しくいきましょう!タイトルに相応しく愛に満ちた歌曲の数々を集めました。皆さまよくご存知のマルティーニの「愛の喜び」を皮切りにベルリオーズ、グノー、マスネー、ビゼー、アーン、シャブリエと様々な作曲家の愛の歌をソロやアンサンブルでお聴きいただきます。

コンサート:影と沈黙と、、、〜ルーセル、オネゲル、デュティユー〜

日時:2018年7月7日(土)18時開演 予定

会場:京都文化博物館別館ホール 予定

ルーセル、オネゲル、デュティユーの3人の作品をセットで扱うことで、20世紀フランス音楽の流れの一つをたどります。それぞれの作曲家の歌曲とともに三人の共通項としてフルート曲を取り入れました。また生演奏で聴く機会が少ないのではないかと思われるオネゲル、デュティユーのピアノソロ曲も披露します。

レクチャーコンサート:ドビュッシー 創作の軌跡 〜シェーンベルク、ベルクと比較

日時:2018年10月13日(土) 17時開演 予定

会場:アンスティチュ・フランセ関西=京都 稲畑ホール

今年はドビュッシー没後100年に当たります。記念コンサートが彼方此方で開かれることでしょう。当協会では設立20周年記念の折にドビュッシー特集を2年間に渡り全8回催しましたので、ドビュッシーにあまり焦点を当てません。従ってこのレクチャーコンサートが唯一のドビュッシー関連の催しとなります。レクチャーではそれぞれの作曲家の作品の演奏を交えながら、ドイツの作曲家ベルクとシェーンベルクを対比軸にドビュッシーの特質をくっきりさせることを目指します。多くの興味ある方々のご来場を期待しております。

コンサート:シェヘラザード〜夢幻を求めて、、、〜 と ドン・キホーテ〜理想を求めて、、、〜

日時:2018年12月8日 18時開演 予定

会場:京都文化博物館別館ホール

さて今年最後のコンサートはシェヘラザードとドン・キホーテを合わせて演奏するという試みです。シェヘラザードはトリスタン・クリングソルの詩にラヴェルが作曲した有名な歌曲があり、ケクランにも同詩人、同タイトルの歌曲集があります。ドン・キホーテはやはりラヴェルのよく知られた歌曲があり、イベールも<ドン・キホーテの四つの歌曲>を作曲しています。またイベールにはバレー音楽<遍歴の騎士>があり合唱やピアノ曲、語り等からなっています。こうした資料をを元に様々織り交ぜて一つのコンサートになるよう企画を練っております。ご期待ください。

カテゴリー: ニュース | コメントする

京都フランス歌曲協会設立25周年記念コンサート

フォーレとその周辺 その8

フォーレの聖なる音楽〜ハープとオルガンとともに〜

日時:2017年12月9日(土)18時開演    17時30分開場                  会場:京都文化博物館 別館ホール

入場料:一般3,000円、前売り2,700円、学生・クラブフランス会員2,500円      インターネット割安チケットあり(一般2,700円、学生・クラブフランス会員2,000円)

京仏1712チラシ

当協会設立25周年記念コンサート<フォーレとその周辺>も今回をもちまして最終回となります。2年にまたがって全8回のフォーレ特集を組みましたが、今回<フォーレの聖なる音楽>と題しました美しい宗教曲で特集の幕を閉じたいと思います。バックに用いますハープとオルガンが天井の高い京都博物館別館ホール全体に清らかで厳かな雰囲気を醸し出してくれることでしょう。宗教曲とは言いましてもクリスマスにちなんだ歌曲や皆さんよくご存知の賛美歌(フォーレのオルガン伴奏譜)やアヴェマリア二重唱、それに聴く機会の少ないハープのソロもお楽しみいただきます。またレクイエムの中の有名なバリトンとソプラノのソロ曲を二曲、女声アンサンブル<シャントゥクレール>による小ミサ、ラシーヌ賛歌とバラエティに富んだプログラムとなっております。師走の忙しい時節、しばらくの間ゆったりと美しく聖なる曲に心を和ませていただければ幸いです。

 

 

 

 

カテゴリー: コンサートのお知らせ | コメントする

京都フランス歌曲協会設立25周年記念コンサート


レクチャーコンサート フォーレとその周辺 その7 

フォーレの歌曲 〜有節ロマンスから独自の境地へ〜

日時:2017年10月21日(土)17時開演                      会場:アンスティチュ・フランセ関西=京都 稲畑ホール

入場料:一般2,500円、前売り2,000円、学生 クラブフランス会員1,500円       インターネット割安チケットあり(一般2,000円、学生 クラブフランス会員1,000円)

スキャン

フォーレとその周辺の第7回目はレクチャーコンサート<フォーレの歌曲>です。   シリーズの終盤を迎えようとするこの時期に、フォーレの歌曲の変遷をたどりながら初期から後期にかけての曲風の変化を改めて見直してみようという試みです。有節のロマンスに近い歌曲からフォーレ独自のスタイルへと変化していく様を解説とともに実際の演奏を聴きながら体感していただきます。ロマンスに近い初期の作品も捨て難い美しさと簡潔さを備えています。歌曲として開花する中期作品と後期の渋く深い味わいの歌曲、どれも聴き応えのある名曲ばかりを揃えています。生涯を通して多くの歌曲を残したフォーレに思いを馳せていただけると幸いです。

インターネットチケットの申し込みは下記の表をお使いください。

 

カテゴリー: コンサートのお知らせ | コメントする

京都フランス歌曲協会25周年記念コンサート

フォーレとその周辺 その6 フォーレとその弟子たち

〜エネスコ、シュミット、オベール、ブーランジェ〜

日時:2017年7月22日(土)18時開演
会場:京都文化博物館 別館ホール

入場料:一般3,000円、前売り2,700円 学生、クラブフランセ会員2,500円      インターネット割安チケットあり (一般2,700円、学生、クラブフランス会員2,000円)

スキャン 8

フォーレとその周辺第6回目はフォーレの弟子たちにスポットを当てます。第5回では第一の弟子であったケクランを全面的に取り上げましたが、今回は他の弟子たちの中からエネスコ、シュミット、オベール、ブーランジェの歌曲をフォーレのピアノ曲を交えて演奏します。師匠の教えを受けながらもそれぞれに独自の手法を見出し作曲された名歌曲が揃っています。2部の最後はやはりフォーレ後期の数曲の名歌曲でコンサートを閉じます。 フォーレとその弟子たち5人の名曲を存分にお楽しみいただければ幸いです。

 

 

カテゴリー: コンサートのお知らせ, ニュース | コメントする

京都フランス歌曲協会設立25周年記念コンサート

フォーレとその周辺 その5 フォーレとケクラン 

〜マチルド、メリザンド、リリアン〜

京仏1705 3

日時:2017年5月20日(土)18時開演
会場:京都文化博物館別館ホール

入場料:一般3,000円、前売り2,700円 学生、クラブフランセ会員2,500円

インターネット割安チケットあり (一般2,700円、学生、クラブフランス会員2,000円)

フォーレとその周辺 5回目はフォーレの弟子であり助手も務めたケクランを取り上げます。詩人ヴェルレーヌが妻マチルドを謳った『優しき歌』。この全部で21篇から成る詩集からフォーレは9篇をケクランは4篇を選び作曲しました。メーテルランクの戯曲『ペレアスとメリザンド』は謎を秘めた女性メリザンドが登場します。フォーレはそれを付帯音楽として作曲しています。そして最後はケクランの『リリアンのアルバム』です。これは映画「会議は踊る」で主役を演じた往年の女優リリアン・ハーヴェイを主題にした曲集です。今回はこの3人の美女をめぐる音楽を存分にお楽しみいただきます。

 

 

カテゴリー: コンサートのお知らせ | コメントする

サロンコンサート

〜フランス歌曲とアリア、ピアノソロ、連弾によるコンサート〜      

日時:2017年2月11日(土・祝)
会場:京都市北文化会館 創造活動室      入場料:無料

京仏 サロン2017

2月恒例の無料のサロンコンサート、今年も多くの出演希望者があり豪華なプログラムとなりました。通常のコンサートとは異なり当協会の会員であれば希望者は全員出演できるコンサートです。年間数回の勉強会を内部で行っていますが、このコンサートはその総仕上げのような催しです。それだけに各会員の生の演奏振りが伺えます。どなた様もご来場は大歓迎いたします。入会を希望されている方々も会員の様子を伺いに是非お越しくださいませ。

カテゴリー: ニュース | コメントする

2017年 京都フランス歌曲協会

明けましておめでとうございます

旧年中の皆様方のご支援に感謝申し上げます。

お陰様でどの催しも盛況のうちに終えることができました。

今年2017年は昨年に続きまして当協会設立25周年記念コンサート『フォーレとその周辺』シリーズの後半V〜IIIVを催します。

フォーレの歌曲や器楽曲、アンサンブル、コーラス等の名曲をふんだんに盛り込んだプログラムやフォーレと他の様々な作曲家とを対比して、フォーレの特色をより鮮明に浮き彫りにするコンサートを引き続き開催いたします。またフォーレシリーズ最終回の12月のコンサートでは、今まで演奏しなかったフォーレの宗教曲に取り組みます。厳かな中にも軽やかなフォーレの美しい宗教曲でこのシリーズの幕を閉じることにします。今年も皆様のご来場を心からお待ちいたしております。

今年のあらかたの企画は下記のようになっております。詳細は準備が整い次第、コンサート欄に随時掲載いたしますので是非ご覧ください。

京都フランス歌曲協会設立25周年記念『フォーレとその周辺』

スキャン第5回フォーレとケクラン 〜マチルド、メリザンド、リリアン〜
日時:2017年5月20日(土)18時開演
会場:京都文化博物館別館ホール
このコンサートではフォーレの弟子であり助手でもあった作曲家シャッルル・ケクランにスポットを当てます。美しい3人の女性マチルド、メリザンド、リリアンをテーマにしたフォーレとケクランそれぞれの作品をお聴きいただきます。

第6回 〜フォーレと弟子たち〜
日時:2017年7月22日(土)18時開演
会場:京都文化博物館別館ホール
フォーレの弟子たち、エネスコ、シュミット、オベール、ブーランジェといった個性豊かな作曲家の作品をフォーレの曲と並べて演奏します。バラエティに富んだコンサートになりそうです。

第7回レクチャーコンサート
『フォーレの歌曲ー有節ロマンスから独自の境地へ』
日時:2017年10月 未定
会場:アンスティチュ・フランセ関西=京都 稲畑ホール
レクチャーによる説明を交えて、時代を追ってフォーレの歌曲の全体を見て行きます。フォーレ歌曲の演奏を聴きながらのその変遷をお楽しみいただきます。

第8回フォーレと宗教曲(仮名)
日時:2017年12月9日(土)18時開演(予定)
会場:京都文化博物館別館ホール
「フォーレとその周辺」最終回はフォーレの宗教曲を取り上げます。数々の美しい宗教曲をオルガンとともに演奏します。ホール全体が厳かで和やかな教会の雰囲気になるよう構想を練っております。

 

次回オーデションのお知らせ

次回オーディションは2017年3月26日に行います。入会をご希望の方は是非応募してください。申し込み方法、詳細は会員になるにはをご覧ください。

カテゴリー: 未分類 | コメントする | 編集

カテゴリー: ニュース | コメントする

京都フランス歌曲協会設立25周年記念コンサート

フォーレとその周辺その4 マスクとベルガマスク 〜フォーレとアーン〜

%e4%ba%ac%e4%bb%8f1612

日時:2016年12月10日(土)18:00開演
会場:京都文化博物館別館ホール
入場料:
一般 3,000円 前売り 2,700円
学生、クラブ・フランセ会員 2,500円

インターネット格安料金:一般 2,500円
学生、クラブ・フランセ会員 2,000円

「フォーレとその周辺」も12月のコンサートで早4回目となります。今回はヴェルレーヌの詩集「雅な宴」を基にしたフォーレの付帯音楽「マスクとベルガマスク」を軸に「雅な宴」に因んだ歌曲やピアノ曲、それにこの機会にあまり歌われないアーンの数々の歌曲も演奏します。 映像を用いたり、声楽アンサンブルや詩の朗読も入り、正に12月に相応しい祝祭的なプログラムとなりました。慌ただしい師走の日々、ひと時雅な雰囲気をお楽しみいただければ幸いです。

 

カテゴリー: コンサートのお知らせ, ニュース | コメントする

京都フランス歌曲協会設立25周年記念コンサート

フォーレとその周辺その3 レクチャーコンサート

楽園と庭 〜イヴの歌、閉ざされし庭〜        京仏レクチャー2016      

日時:2016年10月22日(土)17:00開演      会場:アンスティチュ・フランセ関西/京都 稲畑ホール入場料:2,500円、前売り2,000円         学生、クラブ・フランセ会員1,500円        インターネット格安料金:一般2,000円       学生、クラブ・フランセ会員1,000円

フォーレとその周辺、3回目は恒例のレクチャーコンサートです。今まで当協会が取り上げなかった『イヴの歌』と『閉ざされし庭』に真正面から取り組みます。フォーレ後期のこの二つの曲集は難解と捉えられ、全曲を通して演奏されることは稀にしかありませんが、今回はレクチャーで紐解きながら、数曲づつに分けて全曲を演奏します。                                   この後期の二つの名曲集をより身近なものと感じてもらえるようになれば幸いです。

インターネット格安チケットは下記に必要事項を書き込んでお申し込みください。

 

 

カテゴリー: コンサートのお知らせ, ニュース | コメントする

京都フランス歌曲協会25周年記念コンサート

フォーレとその周辺 その2 幻想の水平線 〜フォーレとラヴェル〜 

日時:2016年7月2日(土)17時30分開演          16.07.2チラシ           会場:京都市国際交流会館イベントホール      入場料:一般3,000円、前売り2,700円        学生、クラブフランセ会員2,500円         インターネット割安チケットあり         (一般2,500円、学生、クラブフランセ会員2,000円)

4月16日のフォーレとその周辺 その1はお陰さまで多くのお客様をお迎えし好評のうちに終えました。     次回は7月2日会場を京都市国際交流会館に移し    その2  幻想の水平線 ~フォーレとラヴェル〜を開催します。チラシにもありますように同じテーマを主題にしたフォーレとラヴェルの曲を聴き比べ、その違いをお楽しみいただこうというコンサートです。さてどのように感じていただけるか乞うご期待!           皆様のお越しを会場にてお待ちいたしております。

インターネットチケットの注文は締め切りました。

カテゴリー: コンサートのお知らせ | コメントする