京都フランス歌曲協会レクチャーコンサート

1920年代巴里音楽万華鏡

〜スナール室内楽シリーズを中心に〜

日時:2021年10月16日(土)17時30時開演 (17時開場)

会場:京都市北文化会館 創造活動室

入場料:一般2,500円、前売り2,000円 インターネット割安チケット一般2,000円、学生1,000円

今の時点では京都は緊急事態宣言下にありますので、客席は通常の半分(60席)に制限されています。従って、当日券とインターネットを合わせて5名までとさせていただきます。10月に入り緊急事態宣言が解除された場合ホール側の規制も緩和される可能性がありますので、随時お知らせいたします。インターネットチケット希望の方は下の申し込み欄に必要事項を記入し送信してください。

今回のレクチャーコンサートはスナール室内楽シリーズを中心にという内容で行います。まずは「スナール室内楽シリーズ」について解説担当の近藤秀樹さんが説明いたします。

モーリス・スナール (あるいはセナール) はフラ ンスの楽譜出版社。1920年代に「室内楽シリー ズ」というユニークな楽譜をシリーズで出していま した。これはいわば楽譜版ディ〇ゴスティーニで、 予約すると年二回、室内楽の楽譜がセットで届い て、解説の冊子がついている、というもの。ここ での「室内楽」には、ピアノ独奏曲や連弾曲、ピア ノ伴奏の歌曲も含まれます。そのラインナップは、 「埋もれていた過去の名作」(のリサイクル) +「現 役作曲家の新作」。後者に関しては、大御所格か ら無名の新人までさまざまな作曲家 (フランス人に 限らない) を起用。その中に、若き日のオネゲルや クラースがいました。特にオネゲルは「室内楽シリー ズ」のおかげを蒙っています。ケクランは自信作の 《ヴァイオリン・ソナタ》をデュラン社に持ち込ん だところ、「わけわからん曲」「売れそうにない」 と出版を断られてしまいましたが、 これもスナー ルが「室内楽シリーズ」の一冊として出してくれま した。さらには、ジャン・フランセ10歳 (!) のと きのピアノ曲とか、《シェヘラザード》の詩人、ト リスタン・クリングソルが作曲した室内楽曲 (!)も、このシリーズには含まれています。それだけ多 くの作曲家たちに門戸を開いていたということで しょう。のちにスナールはサラベール社に売却され、 「室内楽シリーズ」に入っていた楽譜の多くは今は サラベールから出ていますが、再刊されずに埋もれ てしまったものも少なくありません。さいわい、 和歌山県立図書館の南葵音楽文庫には、この「室 内楽シリーズ」が収められており、サラベールから再刊されなかった音楽も含めて、シリーズの全体像 をうかがうことができます。
今年2021年はこの 室内楽シリーズの刊行百周年にあたります。

というわけでレクチャーコンサートでは100周年を迎える「スナール室内楽シリーズ」の中から1920年代のパリで万華鏡のように花開いた音楽の数々を解説を交えて演奏をいたします。



インターネット割引チケット予約

  • 以下のフォームに氏名とEメールを記入し送信ボタンを押してください。確認メールをお送りいたします。お支払いは当日となります、受け付けにてお名前をおっしゃってください。
 

確認

21.9.22

====================================


カテゴリー: コンサート | コメントする

京都フランス協会 夏のコンサート

Chants de la mer

~ 海 の 歌 ~

日時:2021年7月22日(木・海の日)18:00 開演

会場:京都文化博物館 別館ホール

入場料:一般3,000円、前売り2,700円、学生2,500円                インターネット割安チケット(一般2,700円、学生2,000円)

京仏20071

このコンサートも昨年の7月に予定をしていましたがコロナ禍のため今年の7月に延期となったものです。幸い今年も祝日・海の日に同メンバー、同会場で開催することになりました。文字通り海に関する名曲ばかりを演奏します。ショーソン、フォーレ、ラヴェルとよく知られた作曲家にロパルツ、ヴィドール、デュポン等が加わり海に関する様々な素晴らしい歌曲やピアノ独奏曲が揃いました。暑い暑い夏、しばし大海原に身を任せて音楽に浸っていただきましょう!

尚、このコンサートは2019年12月に亡くなられたダルトン・ボールドイン先生への追悼の意を表するものとします。当協会では毎年紅葉の頃に先生を招聘しレッスンをしていただきました。亡くなる間際まで熱心に指導していただいた先生の音楽に対する熱い思いを偲びつつ、また南仏の海辺にあった先生のお家からの美しい景色に思いを馳せながら感謝を込めて演奏いたします。

インターネット・チケットは終了しました。

====================================

カテゴリー: コンサート | コメントする

京都フランス歌曲協会 春のコンサート

Voyage aux quatre coins de la France et de la Méditerranée

〜歌で巡るフランスの旅・世界の旅〜

日時:2021年4月3日(土)17:00開演(16:30開場)

会場:京都・青山音楽記念館 バロックザール

入場料:一般3,000円、前売り2,700円、学生2,500円                インターネット割安チケット(一般2,700円、学生2,000円)

 

昨年の4月に開催予定をしていましたコンサートの延期公演です。今回のコンサートはフランス各地や地中海周辺の他の国々の民謡を元にした歌曲を集めて演奏します。列記とした作曲家たちが民謡を歌曲に昇華させた名曲の数々です。民謡を元にしていますからとても親しみやすい曲ばかりです。皆様もご一緒に歌う気分で、またそれぞれの地方に旅をしている気分に浸りながらお楽しみください。

現在のところコロナ禍のため入場者数は100席に限定されていますので、チケット販売は定員に達した時点で打ち切りとさせていただきます。また当日券の販売はいたしません。悪しからずご了承くださいませ。それでは皆様のご来場を心からお待ち致しております。

尚、青山音楽記念館(バロックザール)の新型コロナウイルス感染予防ガイドラインは青山音楽記念館HPのhttps://barocksaal.com/news/2979/をご覧ください。大変厳格な予防対策を実施されていますので、必ずガイドラインをお読みになりご来場くださいますようお願いいたします。

チケットの購入は下記よりお申し込みください。

インターネット割引チケット予約

  • 以下のフォームに氏名とEメールを記入し送信ボタンを押してください。確認メールをお送りいたします。お支払いは当日となります、受け付けにてお名前をおっしゃってください。
 

確認

カテゴリー: コンサート | コメントする

恒例のサロンコンサート開催

サロンコンサート

コロナ禍中ではありますが、万全の対策を講じて恒例のサロンコンサートを開催致します。希望の会員は自由に曲を選び全員出演できるコンサートです。昨年開催予定だった本来のコンサートが悉く延期となり、会員たちの演奏意欲が相当溜まっていると見え、出演希望者が大変多くありました。そのためコンサートの時間が少々長くなりますが、豪華なプログラムが出来上がりました。チラシをご覧ください。入場は無料ですが、この節客席数が制限されており(緊急事態宣言中120席→40席)、一般の方々は従来のように気軽に来場していただけなくて申し訳ありません。入場希望の方はこのホームページのコンタクトよりのお申し込みをお願い致しましたが、定員に達しましたので受付を終了させていただきます。来年のサロンコンサートはいつものようにご自由に入場していただけるよう早くコロナ禍が収束するよう願うばかりです。

日時:2021年2月11日(木・祝)13時開演

会場:京都市北文化会館 創造活動室

 

2021.2.11

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: コンサート | コメントする

京都フランス歌曲協会レクチャーコンサート

Poulenc et la guerre

プーランクと戦争

日時:2020年10月17日 17時30分開演(17時開場)

会場:京都市北文化会館 創造活動室

入場料:一般2,500円、前売り2,000円、学生 1,500円                インターネット割安チケット(一般2,000円、学生 1,000円)

京仏レクチャー2020

コロナ禍にあって当協会の他のコンサートが全て来年に延期となった中、今回のレクチャーコンサートはコロナ対策に万全の態勢を整えつつ開催することになりました。密を避けるためキャパシティ120名のホールですが、来場者は60名(10月7日政府の制限緩和を受け40名→60名に変更)を持って打ち切りとさせていただきます。つきましてはインターネットチケット販売や当日券の販売は人数に達しましたのでお断り申し上げます。どうかご了承くださいませ。皆様のご来場を気兼ねなく心から歓迎できる時が来ますように、このコロナ騒動の一刻も早い収束を願って止みません。

尚、コロナウイルス感染状況は刻一刻と変化していますので、コンサートの時期の状況次第で中止とさせていただくこともあり得ると思います。万一そのような事態になりました場合はどうぞご理解のほど宜しくお願いいたします。緊急中止の場合はこの当協会ホームページのニュース欄でお知らせ致します。

 

 

カテゴリー: コンサート | コメントする

7月23日に予定のコンサートも来年に延期

新型コロナウィルス感染症における当協会の対応のお知らせ

4月のコンサートに次いで7月23日に開催予定をしておりましたコンサート〜海の歌〜も新型コロナウィルス感染症の影響で開催を来年7月に延期することに致しました。当協会は京都のあちこちのホールでコンサートを年間5回実施してまいりましたが、一昨年は豪雨により、昨年は台風により、また今年は新型コロナウィルス感染拡大のため止む無く延期をすることとなりました。こんなに頻繁に延期公演をする事態になるのは創設以来(来年で創設30年)経験したことのない状況です。今年はまだ10月、12月にもコンサートを開催の予定ですが、新型コロナウィルス感染症の収束を期待しながらも、只今のところ保留にしております。開催の目処が立ちましたら直ちにこのホームページのコンサートやニュース欄でお知らせ致します。一年遅れの延期公演となった出演者たちは、それまで曲の掘り下げに時間を費やし、より一層納得のいく演奏を目指して励んでまいります。

コンサート再開の折にはまた皆様方のご来場を心からお待ち申し上げます。

 

カテゴリー: コンサート | コメントする

京都フランス歌曲協会 2020年4月11日の春のコンサートは2021年4月に延期いたします。

20.4.11延期報告このほど延期公演の日程が決まりました。

歌で巡るフランスの旅・世界の旅

日時:2021年4月3日(土)17時開演

会場:京都・青山音楽記念館 バロックザール

 1年間の延期となりましたが、同会場、同メンバー、同プログラムで開催する運びとなりました。また近くなりましたら改めて詳細をこの欄でお知らせいたします。

入場料:一般 3,000円、前売り 2,700円、学生・クラブフランス会員 2,500円インターネット割安チケットあり(一般 2,700円、学生・クラブフランス会員 2,000円)

このコンサートはフランスと主に地中海に面した様々な国の民謡で幕を開けます。フランスのオーベルニュ地方からブルターニュ地方、バスク地方、ブルゴーニュ地方へとその土地ならではの音楽に耳を傾けながら旅を楽しんでいただきます。2部ではフランスを越えて主に地中海に面した世界の国々へと旅は広がります。民謡を基にしていますが大作曲家たちがアレンジ(特にピアノパートに工夫がなされている)を加え歌曲の域にまで昇華させた名曲の数々です。昨年度後半は少しマニアックなプログラムが続きましたので今回は肩の力を抜いて楽しいコンサートを心がけました。

 

カテゴリー: コンサート | コメントする

29日のレクチャーコンサートは予定通り開催いたします。

新型コロナウイルス騒ぎで落ち着かない毎日ですが、アンスティチュ・フランセ関西は29日も平常通り運営されます。当協会は会館が閉館されない限りコンサートを開催するつもりでおります。従ってレクチャーコンサートは予定通り開催いたします。ご来場予定の皆様は道中お気をつけてお越しくださいませ。

Baudelaire et la mélodie française

  〜ボードレールと歌曲〜

日時:2020年2月29日(土)17時開演                      会場:アンスティチュ・フランセ関西=京都 稲畑ホール

入場料:一般2,500円、前売り2,000円、学生 クラブフランス会員1,500円       インターネット割安チケットあり(一般2,000円、学生 クラブフランス会員1,000円)

スキャン

今回は延期公演のご案内をさせていただきます。2019年10月12日に開催予定をしていましたレクチャーコンサートが大型台風の影響で中止になりましたが、幸い同メンバー、同会場で延期公演をすることが可能となりました。

ボードレールの詩には多くの作曲家が歌曲にしています。その数知れない歌曲の中から今回は 1. 動物アレゴリー作品 : ショーソンやセヴラック、ソゲの作品「アホウ鳥」「梟」「猫」2. ドビュッシーとヴィエルヌによる名作:「噴水」「瞑想」 3. 憂鬱で不気味な作品群:ダンデイの「愛の神と髑髏」カプレの「ひび割れた鐘」 4. 彼方への憧れ:デユパルク「旅への誘い」「前世」等を取り上げます。今回のレクチャーでは同じ詩に別の作曲家が歌曲にしている曲を聴き比べることを新機軸にしています。セヴラックとヴィエルヌの「梟」、ドビュッシーとヴィエルヌの「瞑想」、デユパルクとシャブリエの「旅への誘い」との比較はそれぞれの捉え方が非常に興味をそそります。シャブリエの「旅への誘い」では珍しいファゴットとのアンサンブルになっています。高低差の激しい歌の旋律にファゴットが通奏低音のように静かに鳴り響いているのは詩人の憂鬱を表しているのか、、、想像を掻き立てられます。

インターネットチケットの申し込みは終了しました。

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: コンサート | コメントする

Matinée musicale

サロンコンサート

今年も恒例の会員有志によるコンサートを行います。希望の会員は全員出演できるコンサートですが、期せずして大変立派なプログラムが出来上がりました。当協会企画の本来のコンサートとはまた違って、会員の日頃の精進ぶりが見られる良い機会です。入会希望の方や一般の方々も無料で入場できますのでお気軽にご来場くださいませ。

日時:2020年2月11日(火・祝)13時開演

会場:京都市北文化会館 創造活動室

20 _2_11

カテゴリー: コンサート | コメントする

京都フランス歌曲協会 クリスマス前の冬のコンサート

Incantation et Mystère 呪文と神秘

 〜ジョリヴェとメシアン〜

日時:2019年12月7日(土)18:00開演(17:30開場)

開場:京都文化博物館 別館ホール

入場料:一般 3,000円、前売り 2,700円、学生・クラブフランス会員 2,500円インターネット割安チケットあり(一般 2,700円、学生・クラブフランス会員 2,000円)

京仏1912チラシjpeg

ジョリヴェとメシアンは共に20世紀を代表する同世代の作曲家で、「若きフランス」というグループを結成しました。1920年代の新古典主義に反発して、音楽の中に宗教的・呪文的な要素を取り戻そうとします。コンサートではジョリヴェの呪文的要素の色濃い音楽から徐々にメシアンの宗教的音楽へと移行していき、いつの間にかメシアンの壮大な宗教的雰囲気に包まれていきます。クリスマスも近い夕べ、このような音楽に浸る一時をお楽しみいただければ幸いです。

今年はこれを持ちまして当協会のコンサートを終了いたします。来年もまたま皆様にお楽しみいただけるよう様々なプログラムを企画しております。ご来場を心からお待ちいたしております。

インターネットチケット申し込みは終了しました。

 

 

 

 

 

カテゴリー: コンサート | コメントする